幾多の将兵と運命を共にした軍刀は、敗戦により没収され、その多くは廃棄処分されました。軍刀は戦後謂(い)われなき偏見で無視されて参りました。「歴史を無視する者は同じ失敗を繰り返す。」歴史を忘れてはならない。ここに軍刀の姿を出来るだけ忠実に再現し、国に殉じた将兵への鎮魂とするものであります。

 

尾形刀剣 軍刀 GN-13 村田刀 陸軍大刀 軍茶柄 軍茶木鞘

村田経芳(1838-1921)は最初の国産銃「村田銃」を開発したことはあまりにも有名である。その後実用軍刀の開発を志し、幾度の試作・改良を重ね1891年(明治24年)ついに完成した。これが実用軍刀・村田刀である。刀身は小烏丸造りであるが、切っ先は小烏丸よりも鋭く、切ることだけでなく突く機能も優れ、日清・日露戦争での活躍でその機能は実証された。
 

 

全長:103センチ、刀身:73センチ、記章入刀袋付


ご注文番号:GN-13 品名:村田刀 陸軍大刀 軍茶柄 軍茶木鞘 販売価格: 15000 入荷待ち
 

Security & Self-defense Personal Enman

Order Form

ご注文の際はOrder Formの文字をクリックしてください。注文書が表示されます。