尾形刀剣 大日本帝国軍刀
幾多の将兵と運命を共にした軍刀は、敗戦により没収され、その多くは廃棄処分されました。軍刀は戦後謂(い)われなき偏見で無視されて参りました。「歴史を無視する者は同じ失敗を繰り返す。」歴史を忘れてはならない。ここに軍刀の姿を出来るだけ忠実に再現し、国に殉じた将兵への鎮魂とするものであります。

尾形刀剣 軍刀 GN-7K 鉄鞘 陸軍大刀 軍茶柄 軍茶鉄鞘 陸軍記章付 横一本掛台付

九八式軍刀
昭和13年(皇紀2598年)、九四式の第二佩鐶を廃止した制式軍刀外装が制定された。これが昭和13年制定陸軍制式軍刀(通称九八式)である。実質は九四式と変わる処はない。戦局の悪化につれ、品質はどんどん低下していったが生産は終戦まで続いた。日本の代表的軍刀である。

全長:72センチ、刀身:47センチ 記章入刀袋付

ご注文番号:GN-7K 品名:鉄鞘 陸軍大刀 軍茶柄 軍茶鉄鞘 陸軍記章付 横一本掛台付 販売価格: ¥21800 完売

Security & Self-defense Personal Enman

Order Form

ご注文の際はOrder Formの文字をクリックしてください。注文書が表示されます。