尾形刀剣 特殊日本刀シリーズ


尾形刀剣 YR-10 宝蔵院十字槍
尾形刀剣 YR-10 宝蔵院十字槍

尾形刀剣 YR-10 宝蔵院十字槍

尾形刀剣 YR-10 宝蔵院十字槍

宝蔵院流槍術は柳生一族の柳生新陰流と共に、日本を代表する古武道です。
その流祖は、興福寺の子院・宝蔵院の僧・覚禅房胤栄(かくぜんぼういんえい)です。胤栄は、武芸を修行の中に取り入れようと、柳生但馬守宗厳と共に剣聖と言われた上泉伊勢守から剣術を学びました。また一方で、槍の達人大膳大夫盛忠から槍を学び、猿沢池に映る三日月を突いて、独特の鎌槍(槍の先が十文字)を編み出し、宝蔵院流を完成させたものです。この宝蔵院の十文字槍は中世から幕末にかけて全国を風靡しました。宮本武蔵はこの奈良・興福寺の宝蔵院二代目当主・胤舜に立ち会いを挑んでいます。

全長:241センチ 穂(刀身):29センチ

ご注文番号:YR-10 品名:宝蔵院十字 黒槍掛付 黒呂槍鞘付 黒つや消し柄  販売価格:¥31680
 
Security & Self-defense Personal Enman
Order Form
ご注文の際はOrder Formの文字をクリックして下さい、注文書が新しいウインドウに表示されます。ご注文番号、品名、価格、ご購入数をご記入ください。