尾形刀剣 特殊日本刀シリーズ


尾形刀剣 YR-9 高田又兵衛 十字槍
尾形刀剣 YR-9 高田又兵衛 十字槍

尾形刀剣 YR-9 高田又兵衛 十字槍

高田又兵衛

宮本武蔵と対決した武芸者

高田又兵衛

武蔵とは生涯の友だった高田又兵衛。
武蔵と仕合いで互角に立ち会ったという。
その槍術は全国に名をとどろかせ、将軍家光から上覧の仰せがあったほど。
そして現在でも高田派槍術として伝承されている。

本名を吉次、号を崇白といい宝蔵院高田派槍術の始祖です。大阪冬・夏の陣に加わり、父の吉春と共に豊臣方について戦いましたが、夏の陣の落城前夜に脱出し諸国をめぐってその技に磨きをかけました。元和9年(1623年)播磨国明石城主であった小笠原忠真に仕え、後に、忠真が豊前小倉へ転封のときに忠真に仕官していた宮本武蔵と共に小倉へ移りました。同15年、島原の乱では、槍手50本を率い本丸を攻め功をたてました。伝えられるところによると、十文字槍の創始は、又兵衛が高ぼうきで掃除をしていた時に、ほうきの先がくずれて十文字の竹の骨が残ったのにヒントを得たといわれています。
寛文11年(1671年)没。

全長:241センチ 穂(刀身):29センチ

ご注文番号:YR-9 品名:高田又兵衛 十字槍 黒槍掛付 黒石目槍鞘付 濃茶つや消し柄  販売価格:¥27360
 
Security & Self-defense Personal Enman
Order Form
ご注文の際はOrder Formの文字をクリックして下さい、注文書が新しいウインドウに表示されます。ご注文番号、品名、価格、ご購入数をご記入ください。